【下痢や嘔吐、発熱時の入浴は大丈夫?】正しいお風呂の入り方とは

嘔吐、発熱がある時の入浴は大丈夫?お風呂の入り方!

 

基本的入浴することで腸の働きをよくします。
お腹を温めることで、血流が盛んになり、腸のぜん動運動(便を押し出す力)も活発になります。
そして、お湯に浸かることで自律神経がリラックスでき、下痢改善へと繋がります。

 

しかし、嘔吐や発熱などがある場合は、
お風呂に入ることは控えましょう。

 

 

 

嘔吐、発熱、水下痢の時に一番考えられるのがウィルス性の下痢です。
これはお風呂から感染してしまいますので、家族がいる方は注意が必要ですね。

 

 

 

一人暮らしなら問題はありませんが、
特に発熱があるときは湯冷めしてしまい逆効果なので、

 

入浴自体、おすすめしません。感染症の場合はすぐに病院にいきましょう!

 

 

お風呂の効果的な入り方!

 

お腹の温度が低ければ、
食物繊維を取り改善をしようと思っていてもうまく吸収してくれません。

 

入浴はストレス解消、疲労回復のためにも非常に効果的な手段です。
お風呂に入れば、水圧が体にかかって、お腹に適度な圧力が加わります。

 

 

 

 

それによって、血液やリンパ液の流れがなりカラダに溜まっていたストレス、
疲労物質を解消してあげることができます。

 

浴槽の中では、浮力でカラダが浮いた感じを意識するだけでも
十分なリラックス効果が見込めます。
私はアロマを焚いて、よりリラックスできるようにしていますよ。

 

 

しかし、腸を元気にして下痢を改善しようするのであれば、
「熱い湯船に短期間入る」といった入り方はおすすめ出来ません。

 

 

なぜなら、お腹が温まるヒマがなく、
湯船の中と外でカラダや腸を冷やしてしまい、逆に下痢を発症もしくは悪化させてしまいます。
また、熱い湯に短期間入ると、「もう温まった」と勝手に判断して出てしまいます。

 

 

下痢を治すためには、15分〜20分お湯にゆかり、
じっくり体温が上げる方がいいですね!

 

 

そのためにもお湯の温度は熱くしすぎず、40度ぐらいが適温ですね!

湯船の中で腸のマッサージをすれば、一石二鳥です。

 

 

半身浴もおすすめ!

 

おへその少し上まで浸かる程度のお湯を張り、
20〜30分ほど入るとカラダがぽかぽかと温まります。

 

 

お腹から全身までケアをしているような感覚を得ることが出来ます。

 

 

半身浴をする際はずっと一定の温度を保つことが重要です。
ぬるま湯のお湯が冷めてしまい、カラダまで冷えてしまったら本末転倒ですよね。

 

 

半身浴は血行よくして、代謝を促してくれます。
温熱効果も持続するため、心地よい良質な睡眠がとれます。

 

 

足湯や手だけの入浴方法もおすすめ!

 

こちらも同じく血行促進効果があり、自律神経を鎮めます。
手の入浴は心臓に近いこともあり、血液が心臓に早くカラダを温める効果があります。

 

 

どの入浴方法でも、数分やっただけでは効果が出ないので、
たっぷり時間をかけて温めることが大事です。

 

お風呂に入る前の注意点

 

食事の前後30分くらいの入浴は避けることです。
お風呂に入れば、血管が拡張して血流が良くなりますが、
一方で食事をすると食べたものを消化するために胃、腸などの消化器系にたくさんの血が流れます。

 

 

食前後に入浴をすると、本来、消化で使われるはずだった血液がほかに使われてしまうため、
胃の中に入った食べ物は消化不良を起こし、下痢になってしまいます。

 

 

アルコールを摂取したあとも避けましょう。
血液が体内に集まって、血液循環が乱れるため、血液の低下、
心拍数増加などで脳貧血、不整脈を起こす原因になります。

 

 

 

いかがでしょうか?
様々な入浴方法があり、どれも下痢体質の方には効果的です!
毎日続けることが大切なので、ぜひ、自分に合った入浴の仕方を見つけてくださいね!

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは?