寝不足は下痢の原因になる!吐き気や頭痛が起こるのは睡眠不足から

寝不足は下痢の原因ニ!対処法は?

 

不規則な生活を行うと、
成長ホルモンの分泌が阻害され以下のような状態が現れます。

 

 

毎日.下痢.対策.睡眠

 

  • 疲れやすい
  • 太りやすくなる
  • 筋肉や骨が衰える
  • 記憶力や集中力が減る
  • シミ・シワが増える
  • 性欲がなくなる

 

これらの事が起きたり、睡眠不足が起きると腸に多大なストレスを与えます。

 

 

そして、毎日下痢が続くと免疫力が低下し、、病気にもなりやすくなってしまいます。
規則正しい時間に眠りにつくことは下痢を対策する上でとても大事なことです。

 

 

寝不足が続くほど、慢性的に下痢が長引き、
過敏性腸症候群となりうるので注意ですね!

 

 

ゆっくりとお風呂につかって仕事の疲れを癒したあと、
質の良い睡眠をとって1日のストレスを解消してくださいね。

 

 

寝不足が原因で吐き気、頭痛を起こす

 

現在、日本人の20%が不眠症になっていると言われていますが、
日ごろから寝不足を感じているのは70%もいます。

 

 

しかし、睡眠不足になると、自律神経が乱れてしまいます。

 

 

脳と胃腸は密接な関係になっているのですが、
睡眠が十分にとれないと、疲労回復をせずに脳や腸にストレスを与えます。

 

その結果、自律神経が乱れ胃腸の働きが鈍くなり、
頭痛や吐き気を起こしてしまいます。

 

 

寝不足で引き起こる下痢の対処法

 

休日前に夜更かして、寝坊をして朝日を見ない人はマイナス思考になりやすいです。

 

マイナス思考→腸にストレス→下痢となってしまいます。
 
 

 

 

セロトニンを分泌させて下痢を対処!

 

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれ、
心を活性化させ精神を安定させる働きがあります。

 

 

うつ病の人はこのセロトニンが非常に低いため、
心が折れ体が動かなくなってしまうのです。

 

 

では、どうしたらこのセロトニンをしっかり分泌させることができるのか

 

 

最も効果的なのは毎日、朝の日差しを浴びることです。

 

 

セロトニンは脳内の神経伝達物質のひとつで、
朝日を浴びることにより脳内で活性化すると言われています。

 

 

 

一方、朝寝坊して朝日を見ない人は
脳内のセロトニンが不足して、マイナス思考になり下痢体質になりやすいです。
セロトニンは分泌されてから14~16時間ほど経つと
睡眠ホルモンのメラトニンというもの変わります。

 

 

 

例えば、朝6時に朝日を浴びるとだいたい夜8時ぐらいに
メラトニンに変わって体が睡眠モードになります。
この事を考え毎日の睡眠サイクルを作りましょう!

 

 

 

仕事で遅くなる場合などは仕方ありませんが、

 

休日前だからといって、ダラダラと夜更かしするなど、
無意味に生活リズムをクズす事は腸のためにもなるべく避けていきましょうね。

 

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは

 

寝不足は下痢の原因になる!吐き気や頭痛が起こるのは睡眠不足から記事一覧

体内時計が乱れると慢性下痢に!毎日の腸リズムを見直してみよう!

昔の方は体内時計に合わせていたため、腸のリズムに従い、生活をしていました。これは腸にとって、非常に健康的で、慢性下痢にならないために重要なことです。昔は時計が無かったので、おなかのすき具合でだいたいの時間を把握し、食事をしていたのです。今の現代人は、時々の都合にあわせて、食事を抜いたり時間をずらした...

≫続きを読む