下痢改善には果物や豆類!間食するなら食物繊維を沢山とろう!

下痢には果物が効く!果物や豆類を摂ろう!

 

つい、口淋しくて手が出てしますのが間食です。
しかし、腸を汚してしまう食べ物には注意が必要ですね。

 

 

下痢.改善.豆類.果物.間食

 

 

スナック菓子は塩分が高く、
チョコやケーキは糖分が高いうえに動物性脂肪を原材料で使っています。

 

 

カロリーが高いだけで腸に良いされている
食物繊維がほとんど取れません。

 

 

体に悪影響を与えるだけで、下痢を悪化させる原因になります。

 

 

ただ、間食が習慣になっている人からすると、
止めるのは非常に難しい面がありますよね。

 

 

無理に止めてストレスを抱えてしまったら、
慢性下痢(過敏性腸症候群を)を引き起こしてしまいます。

 

 

 

スナック菓子やチョコの代わりに豆類やフレッシュな果物、
ドライフルーツを、毎日少しでも摂取することをオススメします。

 

 

 

中でもドライフルーツは乾燥させることで甘みが凝縮されていますので、
甘い者が好きな方にとっては噛めば噛むほど満足感が得られると思います。

 

 

間食するならこの三つ

 

食物繊維豊富な果物(オレンジ、キウイ、バナナ)

 

ビタミン、ミネラルが凝縮しているドライフルーツ(干しいちじく、プルーン)

 

オレイン酸を含む豆類(くるみ、アーモンド)

 

 

オレイン酸、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど
腸内環境に良い影響をあたえるものばかりです。

 

食べ過ぎは禁物

 

果物は水分量を多く含んでいて、体を冷やしてしまいます。
1日の目安としてバナナなら1本、オレンジならば1〜2個になります。


また、キウイなら1個だけでも1日の必要なビタミンCの摂取量を約70%ほど、
とることができます。

 

 

豆類の場合は油脂も多く含んでいますので、
食べすぎると消火しきれずに下痢になってしまいます。
 
 
間食での目安エネルギーは200キロカロリーと言われています。
豆類でなら片手で一掴みするほどの量がちょうど良いでしょう。

 

 

できれば、余分な塩分や化学調味料を含まれない無塩タイプの方が健康的ですね。

 

 

豆類は他の栄養素もとれる

 

豆はほかにも豊富な栄養素が含まれています。

 

下痢.改善.豆類.果物.間食

  • アーモンド、ビタミンE(ニキビ予防)
  • カシューナッツ、亜鉛(免疫力向上)
  • クルミ、aリノレン酸(動脈効果予防)
  • ピスタチオ、カリウム(高血圧、むくみ予防)

 

と摂取することができます。

 

 

 

豆類は持ち運びもできて保存性が良いので、
私は出かける際は、いつもバッグに入れています。

 

 

 

食べるなら腸が喜ぶ健康的なおやつを選び、
過剰摂取には気を付けましょう! 

 

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは