下痢体質になるかは腸内細菌の数で決まる?生後10ヶ月が大事!!

慢性下痢は生まれつきの体質?生後10ヶ月で決まる!

腸内細菌の集まりを腸内フローラと呼ぶのですが、
乳児期、特に生後10ヶ月までに
いかに丈夫な腸内フローラを結成させるかが重要です。

 

 

毎日.下痢.生後,腸内細菌

 

 

 
免疫力やアレルギーの有無、ストレスや便秘、下痢のなりやすさ
などの体質は、乳児期までに腸内細菌の数、
すなわち腸内フローラによって決まると言われています。

 

 

 

赤ちゃんはハイハイする事になると、
色々触るようになり、舐めて口にします。

 

 

 

一見、病気になると思われがちですが、

 

実は丈夫な腸内フローラを作るには、
乳児期にたくさんの菌を取り込まれているほうが良いとされています。

 

 

 

ですので、口にしてしまうのは本能的な行動とも言えるでしょう。

 

 

 

これによって、
赤ちゃんのお腹では腸内細菌がたくさん増えていき、
生後10ヶ月頃に、腸内フローラの組成バランスが完成していくのです。

 

 

 

生後10ヶ月といえば、
離乳食にも慣れてきて、乳離れが進む時期です。
この頃から、食べ物をちゃんと消化できるようになり、

 

 

免疫機能が上手に働きます。
これらの働きも腸内細菌があって、初めて機能します。

 

 

丈夫な腸内フローラを結成させるためには?

 

色々な人とふれあい、たくさんのもの、自然と接して菌を取り込んでいった方が、
多くの免疫を獲得できて、
 
 
病気に強い子に育つ可能性が高くなります。

 

 

免疫力を上げることによって、アレルギー耐性やストレス耐性も上がり、
将来的にうつ病や慢性下痢にもなりづらくなりますね。

 

 

実際に、アレルギー性のアトピーを持った子供と、
健康な子供の生後1ヶ月時の腸内細菌を比較してみたところ、

 

 

 

健康な子供の方が圧倒的に菌の種類と
数を多く取り入れていたという研究結果があります。

 

 

 

よく下痢になってしまう方なども、腸内細菌が少ないことが原因とされています。

 

 

 

つまり、生まれてから基本ベースとなる免疫力の強さは、
たった、10ヶ月間しかなく丈夫な子供を育てるには、

 

 

この過ごし方が
カギになるということですね。

 

 

乳児期で全てが決まるわけではない

 

もちろん、体質全てが乳児期で決まるというわけではなく、
あくまで形成されるのは基本ベースです。

 

環境や成長過程など、
さまざま刺激によって、変化していきます。

 

 

人間は生まれてすぐに腸内フローラを完成させ、
まずは先にカラダを守るための免疫バリアを貼り、
数十年かけて、脳や体を発達させるようになったのかもしれませんね。

 

 

 

それほど、腸というのは重要 だということです。

 

 

現状で病気や慢性下痢などに悩まされている方

今からでも、腸内細菌というパートナー
少しずつ増やしいくことは可能です。

 

 

慢性下痢や、病気に悩まされない生活を送るためにも、
健康的な腸を作って、快適な毎日を送りましょう!

 

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは