【下痢に効くハーブとアロマ】吐き気、腹痛、頭痛がある方に効果的!

下痢はハーブとアロマで改善できる!

 

ハーブは体調を整えたり、
分をリラックスさせ、副交感神経を高める作用があります。

 

 

 

腸の調子を整えるものもあり、その薬効成分が
薬として使われるときもあります。

 

簡単なハーブティーの入れ方

 

鍋に約200ccの水を沸騰させてハーブを一つまみ入れ、3分待ちます。
茶こしでこしながら、カップに注げば完成です。

 

続ける事が大事なので
まずは、自分のお好きな香りから選ぶと良いと思います。

 

 

ハーブティーとして飲むことも良いですが、
ハーブや他の天然の有効成分を凝縮した精油で、香りを楽しむアロマテラピーもお勧めですね。

 

 

不安や緊張を感じた時やストレスが溜め込んだときなどは、

 

ハーブやアロマも活用し、リラックスタイムを取り入れると下痢改善になります。

 

 

腸に働くハーブ一覧

 

  • カモミール・・イライラの解消や安眠効果があります。
  •  

  • シナモン・・血行促進作用 冷え性の方に良いです。 
  •  

  • オレンジピール・・抗うつ作用があり神経を鎮静させます。
  •  

  • タイム・・消化不良の改善があります。

 

冒頭でもお伝えした通りハーブは腸の調子を整えるのと同時に、
慢性下痢の原因とされている、

 

 

自律神経の乱れや、血行促進など下痢の予防や改善にもなります。

 

 

逆にハーブの「タンポポ」は良い香りですが、下剤効果があったりと、
下痢の方には向いてないハーブもあるので注意が必要です。

 

 

下痢に効果的なアロマ

 

アロマの中でも、香りによって効能が変わってきます。
特に精神的にリラックスしたいときに活用するのが良いですね。

 

下痢が続く方におすすめです!

 

 

 

 

  • 不安を和らげるイランイラン
  •  

  • リフレッシュ作用のあるペパーミント
  •  

  • 緊張をしずめるオレンジスイート

 

上記3つは、ストレスや自律神経の乱れから起きる
慢性下痢(過敏性腸症候群)の方に効果的です!

 

 

 

アロマの活用場面

 

天然の有効成分を凝縮したアロマでの活用場面をご紹介します。

 

 

  • お風呂・・湯船の中に数滴たらすだけでリラックス効果があります。
  •  

  • 起床時・・コップにお湯を入れて、精油を数滴たらし立ち上がる湯気を吸い込み、リラックス作用と同時に寝起きもスッキリします。
  •  

  • 就寝前・・ティッシュに精油1~2滴を染み込ませてテーブルに置きます。もしくはキャンドルや専用器具を使用し充満させリラックス効果得ます。

 

 

 

 

しかしハーブ同様、こちらも継続することが大事なので
先ずは、自分のお好きな香りから試されてみると良いでしょう!

 

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは