腸内フローラを整えて下痢改善へ!善玉菌を増やし、免疫力アップ!

腸内フローラが慢性下痢を改善させる!

 

腸内細菌は1000種類以上で数は500兆個以上もあり、
腸内フローラとはこの膨大な数の生態系のことを指します。
 
毎日.下痢.腸内フローラ.善玉菌.悪玉菌

 

 

私たちの腸に、善玉菌や悪玉菌がどれくらいいるのかというバランスが、
下痢だけでなく健康そのものを左右させます。

 

 

 

病気になりやすい人、疲れやすい人、下痢になりやすい人などは
この腸内フローラの数によるものです。

 

 

 

善玉菌が多く腸内フローラが整っていると、
毎日の下痢改善はもちろん、病気知らずの生活を送ることができ、

 

 

寿命の最後まで元気に全うすることができるでしょう。

 

 

 

しかし、気をぬいて乱れた生活をすると、
知らないあいだに腸内フローラのバランスが崩れてしまいます。

 

 

 

油分のとりすぎや野菜不足による偏った食生活や運動不足が原因となり、
悪玉菌が増えてしまって、下痢や病気になりやすくなってしまうのです。

 

 

 

善玉菌が多い状態
免疫力アップ、整腸作用、
消化吸収の促進、健康促進、老化防止、美肌、気力充実

 

 

悪玉菌が多い状態
腸内腐敗、細菌毒素の発生、
発がん性物質の発生、病気になりやすい、老化促進、肌荒れ、無気力

 

腸内フローラ移植!?

 

下痢だけでなくがんや、尿病、アレルギー、うつ病などの病気や肥満、老化
を防ぐためのひとつとして腸内フローラでの治療法の研究が世界で進められています。

 

 

そこで注目されているのが腸内細菌を直接、
腸内に移植して腸内フローラを整える方法です。

 

 

 

すでにフローラ移植は研究が進み、
海外で実際に行なわれ病気や下痢の改善の効果がみられています。

 

ただ、現在、倫理的な観点からフローラ移植は問題視されています。

 

下痢は自力で治そう!

 

まずは、自分のチカラで腸内フローラを改善させていくのが大事です。
健康は腸内フローラ=腸内細菌のバランスになります。

 

 

実は現在、医学的に解明されているのは全体の3割でしかありません。。
善玉菌と悪玉菌もその中にあります。

 

 

残りの7割が培養さえできてない未知の菌で、
日和見菌と呼んでいます。

 

 

研究していくうちに、
日和見菌には酪酸という物質を生み出してことがわかりました。

 

 

酪酸は腸内細菌を良い物質で、
がん細胞を抑制する重要な役割を持っています。

 

 

 

これまで善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌も
重要だと言われてきましたが、酪酸を生む、酪酸菌も大切になってきます。

 

 

 

腸に潜んでいる酪酸菌を増やすには、
食物繊維が大事だということが分かってます。
つまり野菜をたくさんとることが大切ということですね。

 

 

 

今、体調が優れないという人は自力で腸内環境の改善を目指すことが
根本的な解決策になります!

 

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは