下痢は国家も揺るがす。下痢を放置せず潰瘍性大腸炎に気を付けよう!

あの首相も?下痢総理!!

2007年9月12日に当時の安倍晋三首相が
下痢で突然内閣総理大臣を辞職したのを覚えてますでしょうか?

 

下痢,安倍首相,冷え性,潰瘍性大腸炎

 

辞職した原因が安倍首相の個人の体調不良です。
メディアからは「下痢総理」と呼ばれるように・・。

 

そしてこれが「潰瘍性大腸炎」

 

つまり、毎日激しい下痢で冷静な判断ができなかった、
ということを述べています。

 

たかが下痢と思われるかもしれませんが、
一国の総理の冷静な判断を奪うという深刻な病であります。

 

では潰瘍性大腸炎どのような状態で引き起こすのでしょうか?

 

冷え性が潰瘍性大腸炎を引きおこす

 

安倍首相はストレスを感じたときや、体が冷えたときに、
発症するが治る時は突然おさまる、と述べています。

 

体が冷えることへの認識を甘く捉えてしまってる方がいますが、
実は冷え症とストレスは関連性があり、

 

これが潰瘍性大腸炎の前触れであります。

 

女性に冷え性が多いのは血流の多い筋肉が少ないので冷えやすい、と言われています。

 

しかし近年、運動不足による筋力低下、
雇用環境によるストレスによって男性の中高年にも冷え性の方が増えています。

 

 

その原因が「緊張感」からです。

 

緊張すると交感神経が活発になり手足の細かい血管が収縮して、
皮膚の血流が減少してしまいます。

 

同時に汗をかいて表面の温度を下がってきます。

 

通常、緊張がとけると交感神経の活動が低下し、
副交感神経が活動してリラックスモードになります。
血流が改善し、冷たい手足も徐々に暖かくなってきます。

 

しかし、緊張する場面が終わってもなかなか交感神経がおさまらずに
緊張感がとれない方がいます。

 

汗や動悸はおさまらず手足の血流が戻らないので、
「冷え性」になってしまうのです。

 

 

安倍首相が、体が冷えたときに発症するというのは緊張感が持続してしまう、
すなわちストレスになってしまった時なのです

 

 

この「冷え性」こそが激しい下痢をともなう潰瘍性大腸炎の前触れであるのです。

 

 

安倍首相は辞職した二日後に入院をして、
幸いにも体調が回復して、元気に再び政治活動を行っています。
そしてここからまた総理大臣へと再就任しました。

 

 

仕事上で重責に対してどう向き合っていくかが重要だということですね。

 

 

つまり、「たかが下痢、されど下痢」です。
下痢は一国の政局が変わるほどの影響力があるので、

 

 

私たち一般市民にとっても腹具合で生活が大きく変わってしまいます。
本サイトで十分に学んでいきましょう!

 

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは