慢性下痢はねじれ腸・落下腸によるもの?原因と改善策をご紹介!

下痢の原因はねじれ腸・落下腸?

最近下痢や便秘を繰り替えしていませんか?

 

ねじれ腸・落下腸の方、腸内で消化不良が起きている可能性があります。

 

毎日.ねじれ腸.落下腸.下痢

 

 

日本人は近年の運動不足によって、実に8割の方が、この腸管形態異常(ねじれ腸・落下腸)になっているんです!

 

これが原因で下痢に悩まされている方も多いとのこと。

 

 

ねじれ腸の症状と原因

 

これは腸のねじれの部分に、便が溜まってしまう現象のことを指します。

 

腸は前腸、中腸、後腸と分けられていて、ねじれが発生するのは、左腹部に位置する後腸になります。

 

ねじれた部分に、便がつまってしまい便秘となるのです。

 

前腸や中腸は水っぽい形状のもの消化し、後腸になるにつれて、水分が吸収され便が固まってきます。

つまり、前腸や中腸がねじれていても、水っぽい便は通り抜けるので、問題はありません。

 

単純にねじれていることが問題なのではなく、固まりになった便を通りすぎる場所がねじれているので、便秘の原因となってしまいます。

 

そして、これがまた下痢になってしまうのです。

 

便秘になりますと、誰もが腸に不快感を覚えることでしょう。

 

そうなると今度はストレスが溜まり、慢性下痢へと繋がってしまいますね。

 

 

落下腸の症状と原因

 

落下腸とは本来、左胸から固定されている腸が、全く固定されていないで、大腸全体が骨盤の内側にまで垂れ下がり、

 

腸が折れ曲がって積み重なっている状態になります。

 

 

 

 

まっすぐな腸と比べ、折れ曲がって積み重なっている腸では排便の差が全く異なってきます。

 

もしこの状態で固い便であれば、スムーズに出ていかなくて、腸の中でつまってしまいます。

 

後から来る便がたまり、腸が伸びて、さらに折れ曲がる、という悪循環です。

 

 

ねじれ腸と同様に便秘になってしまいますと、ストレスが重くのしかかります。

 

そして、慢性下痢になってしまうリスクが出てきてしまうという事ですね。

 

 

落下腸の人に特徴は、立った時に下腹部がポッコリと出ることです。

 

よくこれを胃と勘違いされやすく、
「胃下垂」という誤った認識をしてしまう方が非常に多いですね。

 

 

病院で診断を受けると、おなかのレントゲン写真を、立った状態、寝た状態で1枚ずつ撮ります。
通常は2枚で腸の位置の写真はほぼ変わらないのですが、

 

落下腸の人は大きく異なります。

 

立った状態のレントゲン写真をとると大腸全板が、骨盤のなかに落ちこんでしまっているため見当たらないのです。寝た状態だとおへそ周辺をとりまくようにある大腸が、見当たりません。

 

 

立ち上がると、腸がおへその下に落ち込むので、落下腸の人は太ってないのに、下腹部が出てる方がいるのです。

 

下っ腹がポッコリと出ている方は落下腸の可能性があることを、覚えておいてください。

 

ちなみに、よく逆立ちをしたら、改善されると思われがちですが、短時間で腸が正常の位置には戻りません。

 

長時間行ったら、多少が治るかもしれませんが、危ないので辞めましょう!

 

 

ねじれ腸、落下腸の改善策!

 

運動は下痢や便秘と深く関わっています。運動不足はねじれ腸や落下腸の原因となります。

 

 

まず、今と昔では運動量が全く違いますよね。昔は、食事や洗濯、掃除も全てが手作業です。

 

しかし、現在は様々な技術が発展してかなりの部分を補助してくれますよね。移動する際も、車や電車ですぐに目的地まで行けてしまいます。

 

便利なテクノロジーで全体的に運動不足になってしまっているのは、言うまでもないですよね。

 

でも、ひとくちに運動といっても、便秘・下痢の方に効果のある運動効果のない運動があります。

 

特に落下腸の方に限っては、

 

ウォーキングやジョギングをするのは大腸を揺らすどころか上下運動なので、腸が更に落下してしまう可能性があります。
それでは、何が効果的なのでしょうか?

 

 

ねじれ腸・落下腸には腹筋や腸マッサージ!

 

腹筋運動をするのが良いです。

 

腹筋がついてると、筋肉の支えで腸が骨盤にまで落ちることを防いでくれます。

 

とはいっても、忙しい方は毎日継続するのが難しいですよね・・・。

 

筆者のオススメとしては、腸マッサージをしてあげることです。

 

こちらに腸マッサージの仕方をご紹介していますので、参考にしてみてください。
腸マッサージって??

 

腸をマッサージしてあげることで、腸のねじれや落下してしまった、腸を正常の位置に戻すことができます。

 

また、ぜん動運動(便を押し出す力)も鍛えられます。

 

ほかにも気付いたときに、上半身を左右にひねったり、前屈ストレッチをして体操することが大事です。

 

ちょっとした運動を日常生活にとりいれていくのが良いです。

 

毎日の習慣にすれば徐々に効果が出てくるので是非、お試しください。

 

 

【下痢対策サプリランキング】慢性下痢におすすめのサプリとは?

ねじれ腸に関する記事一覧

下痢には腸マッサージ!やり方は?効果はある?ぜん動運動促進へ

ねじれ腸・落下腸の方や消化不良で、便秘・下痢を起こしている方はマッサージして腸に適度な刺激を与えると効果的です!マッサージをすることで腸を温める効果やぜん動運動(便を肛門へと出す働き)が活発になり、快便になります。便はぜん動運動によって、出口のほうへと送られるのですがS字結腸(腸の最終コーナー)は腸...

≫続きを読む