【下痢の時の筋トレ】タンパク質やプロテインは吸収される?

下痢の時の筋トレ!下痢をしたらタンパク質はどうなる?

 

筋トレにタンパク質は欠かせないですよね?

 

しかし、筋トレ初心者の方にはプロテインを飲んだあとに下痢になる方もいます・・。

 

 

 

「下痢でタンパク質が無駄になってしまった!!」

 

と、不安になったり、

 

「下痢気味だけど、筋トレして平気なのかな・・・」

 

 

疑問に感じることでしょう。

 

今回、筋トレと下痢、そしてプロテインの関係性について解説します。

 

 

タンパク質は無駄にはならない!

 

まず。結論からお伝えすると、
タンパク質は無駄にはなりません。

 

 

そもそも、下痢とは胃腸中で”何かしらのトラブル”が原因となって
摂取した栄養素を全て吸収せず、そのまま排出することを指します。

 

 

しかし、下痢で栄養不足になることは、まずありえません。
体内で必要とされている栄養素は、体内に吸収されています。

 

 

つまり、プロテイン(タンパク質)を摂取した後に、
下痢を起こしてもしっかりと、体内に取り込まれています。

 

 

では、下痢を起こしながらもプロテインを飲んでいいのか?




答えはNOです。

 

 

下痢をすると水分不足になる。

 

筋肉を肥大したり、増強するために、
タンパク質をなるべく多くなる気持ちも分かりますが、

 

 

下痢をしてまで、無理やりプロテインを飲んでいると、
水分不足を起こします。

 

 

 

最悪、脱水症状にもなるので要注意

 

 

1日あたりのタンパク質摂取量は
1.2~2.0gとされていますが、

 

 

水分の最低摂取量は2.5リットルとされています。
人間は何もしなくても、自然と2リットル近い水分が体内から失われています。

 

 

筋トレやスポーツをする方は、発汗によって失われるため、
より多くの水分量が必要になってくることでしょう。

 

 

ここで、下痢を起こしてしまうと失われる水分量がさらに増えてしまいます。

 

 

その結果、水分不足に陥り脱水症状を起こす可能性があります。

 

 

水分不足は筋肉にかなりの悪影響

 

タンパク質や筋肉組織を形成するには、水分が必要となってきます。
また、栄養の吸収率も変わってくると言われています。

 

 

筋トレ中にも、乳酸が溜まりやすくなったり
集中力も続かなくなるため、水分不足には気をつけないといけません。

 

 

したがって、下痢の時の筋トレは
効率も悪く、身体にもよろしくないので、オススメしません。
 
ちなみにお腹を下したで、
水分補給しながら筋トレをやるのもNGです。

 
しっかり、原因をつきとめて治療してから筋トレに励みましょう!

 

 

下痢体質の人が筋トレをするには?

 

現在、プロテインで下痢を起こしてしまう方は、

 

乳糖不耐性という体質が原因とされています。
 
主に、牛乳やホエイプロテインに含まれている乳糖を、上手に吸収できないからであります。

 

これは、自分が特別変わった体質というわけではなく、
日本人の5人の1人が乳糖不耐性とされているため、
同じような悩みを持っている男性は多いです。

 

乳糖不耐性の方は、今飲んでいるプロテインを変えると良いでしょう。

 

現在一番市場に出回っているのが、
ホエイプロテインという動物性の乳糖が含まれているものです。
ザバスやDNSなどで販売されています。

 

 

ホエイ(動物性)プロテインから
ソイ(植物性)プロテインに変えると下痢を改善できる可能性があります。

 

 

ソイプロテインには食物繊維が含まれているため、
腸に優しく、原料が大豆なため乳糖不耐性の方でも安心して飲むことができるのでおすすめ。

 

店頭にはあまり売っていませんが、
ザバスからも販売されているので、試してみると良いでしょう。

 

 

 

 

慢性下痢の方は、プロテインは関係しない

 

ホエイプロテインを飲んで、下痢になってしまう方というのは、
乳糖不耐性による急性的な下痢となりますが、

 

日頃から慢性的に下痢になってしまう方というのは、
ソイプロテインにしても下痢が続きます。

 

 

ストレスが原因

 

慢性下痢(過敏性腸症候群)はストレスが原因。

 

 

これは、緊張や不安があると腸にストレスがかかり、
腸の機能が低下し、下痢を起こす症状になります。

 

 

真面目な性格な方や神経質な方になりやすく、
日本人の10人に1人が、この過敏性腸症候群になっていると言われています。

 

 

「筋トレした後に下痢になってしまった!」

 

「今日、筋トレしてないけど筋肉量おちないかな・・・」

 

 

このように考える方は、ストイックに考えてしまっているために、
引き起こる過敏性腸症候群の可能性が十分にありえます。

 

 

ストレスを無くす事が大切

 

筋トレの成果をあげるためには、
"いかにストレスを無くすか"が鍵となってきます。

 

 

急性下痢はソイプロテインにすれば良いのですが、慢性的に下痢が続く方は、
ストレス耐性に強くなり、腸を丈夫にしてあげることが大切になってきます。

 

 

不規則な生活や、偏った食事をしていると腸に負担をかけます。

 

 

お伝えした通り、下痢の状態で筋トレをしていても水不足が原因で
筋肉に悪影響を与えます。

 

 

ストイックな方や下痢体質の人にとって、

 

ストレスは最大の敵になります。

 

もし、日常的に下痢を引き起こしてしまう方は、
こちらの慢性下痢(過敏性腸症候群)専用のサプリとプロテインを一緒に摂取すると良いでしょう。

【黒梅日和ってなに?】下痢対策サプリの効果・口コミを徹底調査!

 

天然成分だけで配合しているので、筋肉に悪影響はございません。