【慢性下痢の原因は運動不足】血行を促進させるのが大事なワケとは

運動不足が下痢の原因?血行を促進しよう!

 

下痢の原因のひとつとして血行が悪いことが挙げられます。

 

 

 

 

血行が悪いと内臓を冷やしてしまい、
腸の活動が低下して消化不良下痢になってしまいます。

 

 

 

冷え性の方は特に注意しなければいけませんね。

 

 

 

血行不良は他にも腰痛や肌荒れ、
放っておくと心筋梗塞や脳梗塞引き起こす原因へと繋がります。

 

 

運動をして血行を良くしよう!

 

運動することにより、体温が上昇して冷え性対策になります。

 

また、運動することで筋肉がつくと、
心臓や腎臓に血液を送り返すポンプ機能が強くなり血行が良くなります。

 

 

毎日、下痢が続いている方は、
運動不足になっている恐れがあるので、

 

 

一度カラダを動かてみるのはいかがでしょうか?

 

 

腸内環境のことを考える!

 

しかし、運動のやりすぎは、
体にかえって悪い影響を与えてしまうので注意が必要です。

 

 

なぜなら、呼吸を挙げて行う激しい運動は、
体内の活性酸素の発生量を増やしてしまうからです。
 
 

 

 

特に中高年は翌日に疲れを残すほど、
ハードな運動はしない方が腸内環境のためです。

 

 

 

つまり、運動不足にならない程度に
運動するのが大事です。

 

 

 

腸のことや血行促進のためにも、
翌日「体の調子がいいな」と感じる程度に動きましょう。

 

 

 

毎日、軽くでも運動してあげる事により、
筋肉を維持したり、増やす作用があります。

 

 

人体が1日で、必要な総エネルギーの約3分の1は、筋肉で使われています。

 

 

 

脂肪の燃焼率も高まり、痩せやすい体になります。

 

 

 

そして、同時に爽快感を覚え、
ストレス耐性が良くなり腸も強くする事ができます。

 

 

ストレスは腸にダメージを与えます。

 

 

なので、歩くのが好きな人はウォーキングを、
ゴルフが好きな人は週末にゴルフなど、

 

 

毎日、運動していて「つらい」「おもしろくない」
ストレスを感じるのであれば無理してやらず、

 

 

好きな運動をするのが下痢対策のコツ!

 

私は毎日のジョギングのほかに、週に2回ほど時間を見つけてはジムに行ってます。
運動不足にならないように、ランニングマシンで走ったり、

 

休みの日は趣味でゴルフしたりして「楽しい気分」で運動しています。

 

 

 

毎日続く下痢への対策!あなたも即実践できる慢性下痢の治し方とは

運動と下痢に関する記事一覧

下痢に効く!簡単ストレッチ法とは?血行促進ストレッチをご紹介!

血行が悪いと、体全体の動きが鈍くなります。そうなりますと腸の機能が低下してしまい、下痢を引き起こしてしまうのです。一般的に運動を行うと血行が良くなると言われているのですが、運動をしたくても中々時間がとれないですよね。しかし、普段の生活の中でも起床時や就寝前、食後や家事などを意外と探すと5分〜10分程...

≫続きを読む

 

【下痢の時の筋トレ】タンパク質やプロテインは吸収される?

筋トレにタンパク質は欠かせないですよね?しかし、筋トレ初心者の方にはプロテインを飲んだあとに下痢になる方もいます・・。「下痢でタンパク質が無駄になってしまった!!」と、不安になったり、「下痢気味だけど、筋トレして平気なのかな・・・」疑問に感じることでしょう。今回、筋トレと下痢、そしてプロテインの関係...

≫続きを読む