【慢性下痢の原因】治し方は?病院に行くべき?市販薬は効果ある?

慢性下痢の原因や治し方!病院は?市販薬は効果なし?

「毎日下痢が続く・・・これって病気?」
 
と不安に感じてる方も多いのではないでしょうか。

 

毎日.下痢.対策

 

実際に筆者も3年間、下痢に悩まされてきました・・。

 

今回、慢性的に起きる下痢の原因や、治し方についてまとめたので解説していきます。

 

 

慢性下痢の原因

 

慢性的に下痢が続く原因は、おもに5つに分類されます↓

 

  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • 乳糖不耐性
  • 糖尿病神経障害
  • 過敏性腸症候群(ストレス)

 

大腸がんが原因

 

死亡率が1位である大腸がん。
初期症状としては、慢性的な下痢でしか判断できず、
自覚症状がうすいため、発見が遅くなります。

 

そのため、定期的な検査によって発見される場合が多く、初期の段階であれば
手術せずに内視鏡を使って取り除くことができます。

 

大腸がんが進行していると、痛みを伴う激しい水下痢が起きたり、
血便や嘔吐などの症状がでてきます。

 

腸管穿孔(腸に穴は空いていないか)、腹部の状態を精密に調べる必要があるため、
大きな病院でのレントゲン検査を行います。

 

↓50代から大腸がんのリスクが高まるでしょう。
毎日.下痢.対策

 

(出典:大腸がん国立センター)

 

こんな人は大腸がんによる下痢かも!

  • 慢性的にに激しい水下痢が続く
  • 年代が50代〜
  • 血便や嘔吐
  • 貧血を起こす

 

 

潰瘍性大腸炎が原因

 

 

大腸の内側が炎症をしたり、ただれることで、下痢をおこします。
潰瘍性大腸炎が発症する原因は現代の医学では、あきらかになっていませんが、
遺伝や食生活、ストレスによって誘発されてるとも言われています。

 

初期症状としては、血の混じった下痢や便秘が慢性的に起き、
発熱や貧血も起こす場合もあります。

 

治療法としては、ステロイド薬による薬物治療、重症であると手術で改善します。

 

↓大腸がんとは逆に、若年層に発症しやすいもいわれています。
毎日.下痢.対策
(出典:難病情報センター)

 

こんな人は潰瘍性大腸炎による下痢かも!

  • 血のまじった慢性下痢、便秘
  • 発熱や貧血
  • 20〜25歳
  • 加工食品を摂取してる食生活

 

 

乳糖不耐性が原因

毎日.下痢.対策

 

牛乳やヨーグルトなど乳製品を気づかずに食べ続けていて、
慢性的に下痢を起こしてしまうケースになります。

 

乳糖不耐性とは、乳製品に含まれている乳糖が小腸で分解できずに、
消化不良をおこすことをいいます。

 

ラクターゼという消化酵素が足りないために、引き起こるのですが、
日本人の約8割りが乳糖不耐性ともいわれているため、
ごく自然なことでもあります。

 

白人はラクターゼを生成するのですが、
日本人は食文化の違いもあり離乳期からラクターゼが生成されなくなってしまったのです。

 

こんな人は乳糖不耐性による慢性下痢!

  • 牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂取してる
  • おならを頻繁にする
  • 便秘はせずに、下痢が起きる

 

 

糖尿病神経障害が原因


 
「最近、下痢がつづく・・」と感じたら、糖尿病神経障害である場合もあります。
これは糖尿病の合併症のひとつでもあり、自律神経の障害です。

 

自律神経には、リラックスした状態で優位になる
副交感神経と興奮した時に優位になる交感神経があります。

 

つまり、神経障害が起きると、寝てる時に起きてしまったり
日中眠くなるといった症状があります。

 

この結果、体内でストレスがたまり、
慢性的な下痢を誘発してしまいます。

 

また、糖尿病神経障害の原因は不明ですが、
高血糖状態がつづくと、自律神経だけでなく消化器官がおかしくなるため、
初期症状として、下痢が起きるともいわれています。

 

 

こんな人は神経障害による慢性下痢かも!

  • 手足がしびれる、感覚が鈍い
  • 食生活が不規則
  • 血圧が高い

 

 

9割の人は過敏性腸症候群が原因

毎日.下痢.対策

 

慢性下痢になってる9割の人は、ストレスによって引き起こされる過敏性腸症候群(IBS)が原因といえます。

 

つまり、慢性下痢=過敏性腸症候群(IBS) と考えてよいでしょう。

 

過敏性腸症候群(IBS)は不安や緊張、心身にストレスがかかると、下痢になってしまう時に発症します。

 

とはいっても、重大な病気というわけではなく、
日本人口の約10人に1人がIBSといわれています。(筆者もその1人)
(参考元:日本消化器病学会ガイドライン)

 

ほかにも、便秘と下痢を繰り返したり、
オナラやお腹が張ったりといった症状が出ます。

 

以前は女性になりやすい病気でもあったのですが、
ストレスの多い現代社会では、老若男女とわず発症しています。

 

レントゲンや内視鏡で胃腸を見ても何も異常がなく
現代の医学では、治療法がありません。

 

ただ、ストレスを感じると胃腸が乱れて、
下痢になるということだけが分かっています。

 

また、寝る時間が遅かったり食生活が不規則であると、
腸にとってストレスになり、結果的に過敏性腸症候群にもなります。

 

 

こんな人は過敏性腸症候群(IBS)による慢性下痢です。

  • ストレスを抱えやすい
  • 神経質・まじめである
  • 緊張や不安があると下痢・便秘になる
  • 不規則な生活をしている

 

 

慢性下痢は病院に行っても無駄

 

 

「何科にいけば良いんだろ・・」
「病院で治るかな・・・」

 

と思う方もいますが、はっきりいって過敏性腸症候群は病院に行っても無駄です。

 

前半でお伝えしたガンや糖尿病なら行くことをおすすめしますが、
ほとんどの人がストレスによる過敏性腸症候群になります。

 

病院にいっても、

 

「ストレスを解消しましょう」
 
「食事を改善しましょう」
 
「早く寝ましょう」 

 

と、生活習慣を正すように指示されるだけです。

 

医学的な治療法がないため、心理的にアプローチをするしかないのです。

 

実際に筆者も何度も胃腸科や精神科に、行ったことありますが、
まったく治りませんでした。

 

 

慢性下痢に市販薬は効果なし

 

 

では、ビオフェルミンやエビオス錠などの
整腸剤はどうなんでしょうか。

 

こちらも治る気配がなかったです。。。

本記事を読んでる方も、試した方が多いのではないでしょうか。

 

人によっては、多少は改善されると思いますが、
ストレスをなくしたり、生活習慣を治さないと根本的な治療になりません。

 

そもそも、整腸剤は胃腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすだけです。
改善ができても、結局はストレスによって再び慢性下痢になってしまいます。

 

つまり、市販で販売されてるものは対処療法(一時的な治療)でしかありません。

 

 

慢性下痢の治し方

 

「じゃあ慢性的な下痢は治らないの!!」
と感じますよね・・。

 

ストレスを取り除くのって本当に難しいものです・・。
仕事の都合があって、生活習慣を正すのも厳しかったり・・。

 

筆者もたくさんの下痢薬や整腸剤を調べては、試してきました。。。

 

そして、

 

ストレス下痢、過敏性腸症候群のためだけに
作られたサプリを見つけることができました♪

 

筆者は、3年間慢性下痢に悩みつづけてきましたが、
実際に使用してみたところ、本当に効果を感じることができたのでご紹介しておきます。
 

性下痢の一番の原因とされる自律神経を鎮める作用があるので、

 

ストレス下痢で悩んでる方にはピッタリです(^^)/

 

【黒梅日和ってなに?】下痢対策サプリの効果・口コミを徹底調査!


天然成分だけで配合されてるため、カラダにも優しいです♪